316)冷凍エビ2019年10月23日

冷凍エビ

アメリカでも、エビはよく食べるようです。
スーパーで売られている冷凍エビは、
背に切り込みが入っていて、
背ワタを取り除いてあるのが多い
です(↓)(^^)
冷凍エビ
そして、1LB(1pound=454g)当たりの入り数が記載されています。
左のは20~25匹、右のは90~120匹という表記。
(画像をクリックすると、拡大表示されます)
数字が小さいほど、大きなエビが入っていることになります。

1袋$10以上で高く感じますが、販売単位量が多いだけ。
日本で買うよりは安いです。

左のTrader Joe's(スーパー)の冷凍エビは、
店員さんも「私もこれを買う」とのことでした(^.^)

殻は付いていませんが、尾は取ってないのもあるので、
パッケージの表記をよく見る必要があります。

Top画像や下の画像の扇型パッケージ品のように、
冷凍魚介コーナー
 ↓拡大
冷凍エビ
グラスの端に引っ掛けたりする、
オードブル用の冷凍エビ
も見かけます。

貝柱の冷凍も売ってます。


関連ブログ:
 2017/09/25,  45)単位
 2017/10/25,  75)現地スーパー、いろいろ
 2019/01/02, 274)ティラピアの切り身(冷凍魚)
 2019/10/02, 313)テーブルに、ドサッ(Seafoodレストランで)

310)Purple Potato2019年09月11日

色々なジャガイモ
 (↑、薄い赤紫色のは、Red Potato)

外食で、小さく、細長い(4~5cm長)色々な色の
ジャガイモ丸ごとを、皮付きのまま炒めたものが、
ライスやパンの代わりとして出てきました。

見た目にもおしゃれで、
フライドポテトよりあっさりしていて、美味しかったです。

濃い紫色のは、中も紫色でした!

で、LA近郊のスーパーで探したところ、
お店で食べたのより、ちょっと丸っこいですが、
3種の小さいジャガイモがパックされたの(↓)が
色々なジャガイモ
あったので、買って、調理してみました(↓)
色々なジャガイモ(調理済)
 (↑、イモ3種類を分かりやすいよう、切ったもの。
  左上がRed Potato、左下がPurple Potato)

洗って丸ごと蒸してから、
バターとニンニクペーストで炒めたものです。

種類ごとに味が違うのは、食べて分かりますが、
お店で食べたときの味の印象や好みと、
今回、自分で料理したときのは、違いました。

調理法が違う(オーブンで焼くだけ?)のか、
個体差なのか、両方なのか…
お店で食べたPurple Potatoは、
中も全部がもっと濃い紫色で、美味しかったです。


参考サイト:
 米国産生鮮ポテト
 by 米国ポテト協会
 https://www.potatoesusa-japan.com/potato-products/table-stock-potatoes

関連ブログ:
 2018/04/07, 201)じゃがいも (大きい)
 2019/07/17, 302)Red Potato

302)Red Potato2019年07月17日

Red Potato

皮がさつまいも色のじゃがいも
Red Potatoを買って使ってみました。
Red Potato
LAの日系スーパーで買った($1.59/lb)ので、
ビニールに入っています。
普通は、量り売りです。

「煮崩れしにくい」と聞いていたのですが、
まだ大丈夫と茹でていたら、
あっという間に粉々に煮崩れてしまいました。
ゆでたRed Potato
品種が違うのか、煮過ぎたのか…


参考サイト:
 米国産生鮮ポテト
 by 米国ポテト協会
 https://www.potatoesusa-japan.com/potato-products/table-stock-potatoes

関連ブログ:
 2017/08/18,   8)日系スーパー
 2017/09/25,  45)単位
 2017/10/02,  52)量り売り
 2018/04/07, 201)じゃがいも (大きい)
 2019/09/11, 310)Purple Potato (後日追記)